胃カメラの検査を安全に受けるための食事制限

胃カメラを利用すれば、血液検査などでは発見できない疾患を簡単に発見できる場合があります。このような検査方法を安全に活用するためには、いくつかの点に注意が必要となります。特に重要となっているのが、食事制限です。食事制限は、検査対象となる臓器に食事が残らないようにするために必要となり、安全に検査を行うためにも重要となっています。食事制限は、胃カメラを飲み込む前日の夕食の量を少なくすることから始まります。夕食は、夜9時頃までに行い、その後の食事は禁止されます。さらに、朝食も食べないようにした上で検査へ向かいます。このように、胃カメラを行うためには、厳しい食事制限が必要となるので、大きな負担がかかります。しかし、安全に検査を行い、疾患を早期発見するためにも重要な制限となるため、医師の指示にしっかりと従うことが重要です。

毎回胃カメラの検査をしています

現在30才前半の私ですが、ここ最近、月に1.2度は胃が痛くなり、すぐに治まる時もあれば、1週間は長く続いてしまう時もあります。ですので、その都度病院を使い分けており、痛みの少ない時は近くの混んでいない病院へ行き、ひどい時は人気のある病院へ行くようにしています。やはり、病院によって薬が違い効きも違うからです。ですが、その人気の病院は施設も充実していますので、毎回、胃カメラを勧められやることになってしまいます。ですので、二年に一度は私自信健康検査でなく保険をきいての検査でやっています。なかなかこういた機会でないとやることもないので、専業主婦の私からしてみれば保険もきいて、検査をしていますのでありがたいことです。どれだけ自分が健康だと思っていても体の中のことはわかりませんからね。ぜひ、こういった検査はオススメです。

胃カメラ検査の特徴とは

消化管の上部である食道・胃・十二指腸を、見ることができる胃カメラ検査は、内視鏡検査といい、正式には、上部消化管内視鏡検査といいます。消化管の異常があると思われる場合、行われる検査です。医療施設であらかじめ話を聞きましょう。その場合、検査の前日の夜9時からの飲食や薬の服用はしないことと言われますから、しっかり守りましょう。胃カメラ検査をする前に、消泡薬をもらい胃の中を綺麗にします。その後、食道などを通り痛みが伴う場合があるため、シロップ剤などでの麻酔を行います。先端にカメラのついた120㎝から130㎝ある長い管を口、または鼻から入れます。検査で、胃ガン・胃炎・胃潰瘍などの症状が見てとれ、はっきりとした病名が分かります。検査だけだと、費用は5000円前後です。ポリープがあればその場でとる場合があり、費用もその分高くなります。